カンジタ膣炎の再発STOPさせたい! カンジタを薬使わず治したいと思っている貴女

私達がその方法、順を追ってご説明します


カンジタで悩んでいる貴女。。。。。
カンジタ膣炎の再発防止は不可能と 諦めていませんか?


答え:再発防止は可能です。カンジタ発症断つ事できます


これからアドバイスする方法
使わずに、今のカンジタの症状を治してしまえば
貴女は、その後の人生カンジタとは全く無縁生活送ること充分可能です

 

では早速、治療と再発防止方法をご説明します

その前に
なぜカンジタは再発繰り返すのか?
カンジタ発症原因理解すれば、これから説明すること簡単理解できると思います。

 

どんな時カンジタを発症するのか?
なぜカンジタ膣炎を発症してしまうのか?

 

それは膣の中PH酸性からアルカリ性変化してしまった時カンジタは発症してしまいます。
膣内PHアルカリ方向に変化するとカンジタ菌が増殖するからです。

 

言い換えると
膣内ちゃんと酸性状態を保っていればカンジタは発症しませ

 

カンジタだけでは有りません
トリコモナス
細菌性膣炎 

発症しません

 

健康な膣内強い酸性状態です。
この状態では
カンジタ菌(真菌)
細菌
生きていくことが不可能なのです。

 

膣内ちゃんと酸性を保っていれば
異常なオリモノ臭いの問題も発生しません

 

異常なオリモノ、臭いの原因
カンジタ菌などの真菌バイ菌細菌繁殖した
そこから発生している腐敗臭です。

 

カンジタの原因が理解できたところで早速治療方法に入ります

まず膣内増殖しているカンジタ菌殺し
同時膣内酸性に戻しカンジタ菌生きていけない環境を作ります。

 

アメリカのエリカ・ホワイト(Erica White)博士

彼女の患者さんにカンジタ菌を退治するハーブを処方し、薬を使わずカンジタ治療を行っています。

 

その結果「カンジタ専門ドクター」の第一人者として有名になりました。

 

博士が処方した成分は現在
カンジタクリアースーパーとし売られています。

 


これだけでも充分効果は期待できますが、少しでも早くカンジタを治すには膣内環境同時に改善してしまいましょう

 

健康な膣内にはデーデルライン桿菌(かんきん)と言う特殊な乳酸菌充満しています。
この乳酸菌お陰膣内は酸性に保たれています。

 

デーデルライン桿菌少なくなる膣内アルカリ性に傾きます

 

なので、デーデルライン桿菌を膣内に補充しましょう

 

 


ドクターズチョイスのフェミプロバイオというサプリは唯一ーデルライン桿菌専用の乳酸菌です。


 

この2つのサプリ同時に摂る事でより早くカンジタの症状はなくなります。

では次に

 

カンジタの再発防止方法をお教えいたしましょう

2つのタイプに分かれます。

 

比較的カンジタの再発が少ない方
フェミプロバイオだけ日々補給しておけば常に膣内を酸性に保てます。

 

日頃から頻繁にカンジタを再発する人
日頃からカンジタクリアースーパーとフェミプロバイオの摂取が好ましいです。



両方とも副作用は無いので過剰摂取の心配ありません

 

膣内を守ってくれるデーデルライン桿菌。 実はすぐに死んでしまいます。

頼もしいデーデルライン桿菌
デーデルライン桿菌しっかり膣内充満していればデリケートゾーンに関する悩みは解決です。

 

ですが。。。。

 

このデーデルライン桿菌は以下の様なときすぐに死んでしまいます

 

ストレス
寝不足
過労
風邪などで抗生物質を飲んだとき
ウォシュレットで膣内洗浄しすぎた時

 

注意してください
体調に気をつけ
日々デーデルライン桿菌を補給するようにしていれば貴女の膣内は健康に保てます。
これで貴女はもうカンジタの悩みから開放されます