スチームクリーナー失敗談 > スチームクリーナーの使い方 > スチームクリーナーでお風呂掃除

スチームクリーナーでお風呂掃除

スチームでお風呂のカビをやっつける

スチームクリーナーを購入してお風呂場はすごく活躍する場所です。私もスチームファーストを買ってから定期的にお風呂場の掃除をしています。

気が付くといつの間にか生えているお風呂のカビ。ゆったりお風呂に入っている時に目に入ると気になって仕方がなくなってしまします(笑)

お風呂のカビ菌

手と洗剤だけでお風呂のカビを落とすのは本当に大変ですよね。スチームクリーナーを使うと、浴槽やタイルだけでなく天井やサッシの隙間、鏡などもピカピカ綺麗にすることができます。

カビキラーを使ってる人は多いと思います。スチームクリーナーを使って掃除してみると、手を使ってゴシゴシしているより遥かに短い時間で綺麗になります。

スチームクリーナーから出る高温のスチームはカビを生えにくくしてくれます。もちろんカビが生えないようになる訳ではありません。でも、カビが生えてくるまでの期間はずっと長くなり、本格的なお風呂掃除の回数は私自身減っています。

防カビ対策としてもスチームクリーナーはとても有効ですが、除菌の効果があるのでカビが生えやすい椅子の裏も綺麗になります。こんなに違うの?と思うほど鏡は曇りにくくなりました。

浴槽の色とザラザラも落とす

私はイオン入浴剤のハマックスZなどを使うので、浴槽に色が付きやすく、スチームクリーナーを使う前は色を落とすのに苦労していました。主導権のある私がシャワーは嫌いなので、我が家は年中浴槽にお湯を溜めます。

我ながら入浴剤は使わなきゃいいのにねとも思うんですけど、温泉効果のある入浴剤はお風呂に入るひとつの楽しみになっていて手放せないんです。

高温スチームで浴槽を掃除すると、色もスッキリと落としてくれます。あと嫌なのが浴槽のザラザラですよね。水面のラインの所に付くザラザラも、あっという間にツルツルになりますよ。

天井のカビもスチームで落とす

お風呂の天井もカビが生えやすい場所ですね。天井を掃除するのはなかなか重労働ですから、つい見て見ぬ振りをしてしまいそうになります。

スチームファーストを購入してからは、本体に付属しているマイクロファイバーの2枚のうちの1枚をお風呂の天井専用にして掃除をしています。

やる前は天井をスチーム掃除するのは結構大変かなぁ?と思ってました。けど、延長スティックが2本付いていて十分天井に届くし、手に持つのはホースの部分だけなのであまり苦にならないです。

お風呂掃除でスチームクリーナーを使うポイント

スチームクリーナーは高温のスチームを噴射しますから、鏡やガラスに使うと割れてしまうのでは?と思っていましたが、例えば私が使っているスチームファーストなら窓用ノズルを使えば問題なく使うことができます。

お風呂の鏡ってすぐに曇ってしまいますよね。マイクロファイバーパッドを使って綺麗にしてあげると、これがかなり違うんです。スチームクリーナーを選ぶ時には、最初からいろんな形の付属品が付いている機械を選ばないと揃えるとなると結構な出費になりますよ。

お風呂掃除でスチームクリーナーを使うポイント

お風呂は密閉された空間ですから、スチームクリーナーを使って蒸気を出すと湿度がいつもより高くなってしまいます。

せっかくカビを綺麗に落としても湿度が高いと生えやすい状態を作ってしまいますので、窓があるお風呂場なら窓を開けて換気しましょう。窓がない場合には換気扇をフル稼働させるようにしましょう。

スチームクリーナーと聞いてハンディタイプを思い浮かべる方が多いと思いますが、水を入れた本体を持つことになるので、これが結構重たいみたいです。それに連続して使える時間がキャニスター式と比べて圧倒的に短いので、給水を度々することになりイライラするみたいです。

お風呂場は収納や排水溝などもあって、あちこち掃除する場所が多いので、長時間使えて楽に掃除できるキャニスター式が断然おすすめです。

ハンディタイプのスチームクリーナーは、機動性が高いメリットがあるので、欲を言えば最初はキャニスター式を買い、満足できたら両方持っておくといいと思います。カーペットにコーヒーををこぼしてしまった時など、掃除の時間が短くても良いちょっとした掃除にはハンディが向いています。