スチームクリーナー失敗談 > スチームクリーナーの使い方 > スチームクリーナーでトイレの掃除

スチームクリーナーでトイレの掃除

トイレの雑菌をスチームクリーナーで除菌

トイレには雑菌が多く、よく耳にする「大腸菌」を始め「エンテロバクター」「緑膿菌」それに黒カビなどが発生しやすい場所です。トイレの見た目を綺麗にするのももちろんですが、スチームクリーナーを使えば雑菌を退治することができます。

スチームクリーナーでトイレ掃除

スチームクリーナーを使ってトイレの掃除をする時に、皆さん除菌をする意味で特に注意して掃除する場所は、便器の中、便座、床だと思います。

以上の場所はもちろん雑菌が増殖しやすいのですが、それ以外に雑菌が一番増殖してしまっている場所があります。それはトイレのブラシです。トイレのブラシを除菌するという方はとても少なく、十分に水を切らずに水分が残ったままの環境は雑菌が好む場所になってしまっています。

私は週一回スチームクリーナーでトイレの掃除をしていますが、その度にスチームクリーナーを使ってトイレブラシも除菌し日光に当てて乾燥させています。

トイレの黄ばみもスチームクリーナーで

トイレの黄ばみの主な原因は、尿石といわれるものです。尿石とはオシッコから出る人間の体が吸収しなかったカルシウム分が、固まってしまったものです。歯石などと同じく硬いので簡単に落ちません。

黄ばみが付かないようにするには、定期的に便器の掃除をするのが一番ですが、固着してしまった尿石はスチームクリーナーを使って落とします。

この時には洗剤を同時に利用しましょう。洗剤は温度が高くなるほどに効果を発揮します。便器に付いた黄ばみはアルカリ性ですから、洗剤は酸性のものを使用します。

黒カビなどもスチームクリーナーを使って落とすことができます。便座の返しの部分はトイレブラシだけではすごく掃除しにくいのですが、スチームをかけてから掃除すると頑固な汚れも落ちやすくなります。

同じく黄ばみといえばトイレの壁の黄ばみも気になりますよね。トイレの壁には尿が飛び散ったりしているので、衛生面でも単純に磨くよりスチームクリーナーを使って除菌したいものです。

トイレの床もスチームクリーナーで除菌

トイレの床は面積は狭いですけど、オシッコの飛び散りや埃も発生しやすいため汚れやすい環境です。カビ菌はトイレの床の埃が住環境の中で一番多いという報告もあります。掃除機を使って埃や髪の毛は吸い取ることができてもカビの発生を抑えたり除菌することはできません。

私が使ってるスチームクリーナーのスチームファーストは、マイクロファイバーパッドが付属していてトイレの床にもパッドを使ってますが、他の場所とはやはり共用したくないので、トイレ専用にして定期的に掃除しています。

スチームクリーナーでトイレのあちこちを掃除すると、見た目にも清潔になりますが、なにより高温のスチームは菌やカビの発生を抑える効果があるので週一で掃除していても全く汚くなりません。