買っても意味のないアルギニンサプリが有ります

*

マッチョな薬剤師が飲んでいるドクターズチョイス Lアルギニン5000ラス その長所と欠点

✓ アルギニンサプリの効果を得たいなら、4つのポイントを抑えるべし!!

  1. アルギニンの摂取量は1日、5000mgが理想と言われる訳?
  2. アルギニンと一緒にシトルリンも摂るべし。その量は?
  3. アルギニンの副作用が無いのはドリンクタイプと言われる理由?
  4. アルギニンサプリの効果的な飲み方、飲むタイミング

① アルギニンの摂取量

アルギニンの研究で有名な学者と言えば、イグナロ博士というノーベル賞学者です。
イグナロ博士はNO(一酸化窒素)でアンチエイジングという本を発表しました。

NO(一酸化窒素)でアンチエイジング

 

この本で博士は
「アルギニンの推奨摂取量は1日3000mg~6000mg」
「アルギニン摂取量が推奨レベルに達していないとゼロと同じ」

 

と彼の臨床実験結果を発表しています。

 

薬剤師としていろいろ研究した結果、日本人の我々がアルギニンの効果を実感したいならアルギニンの摂取量は1日5000mgがおすすめです。

 

ちなみにアルギニンの過剰摂取量は1日3000mg(30g)までなら問題ないでしょう。
ただし、後ほど説明しますが
「しっかり中和されているアルギニンサプリなら」
という条件付きですので注意してください。

 

では1日5000mgのアルギニンを摂取するとどんな効果を実感できるのでしょう?

 

アルギニンサプリの効果として代表的なものは2つ。

  1. 「成長ホルモンの分泌促進」
  2. 「NO/一酸化窒素の分泌促進」

成長ホルモンは若い時は身長を伸ばす効果があります。
年配になると成長ホルモンは「筋肉の回復」「肌細胞の修復」「昼間疲弊した体の回復」
という効果があります。

 

「アルギニンを飲んで寝ると翌日、目覚めスッキリ」という口コミを目にしますが、まさに寝ている間に疲弊した体が成長ホルモンにより修復された証拠です。

 

NO/一酸化窒素と聞くと何やら怖い感じがしますが、血管、心臓にとってとても重要です。
NO/一酸化窒素が血管内でしっかり分泌されると「血管が拡張し、血液の流れが良くなります」つまり「高血圧の改善」「心筋梗塞、脳こうそくの予防」「男性性器への血液の流れが良くなるのでED対策」という効果が有ります。

 

② アルギニンと一緒に摂るべきシトルリンの摂取量は?

アルギニンとシトルリンを一緒に摂ると、相乗効果により、成長ホルモンの分泌とNO/一酸化窒素の分泌がさらに増える事は皆さまご存知だと思います。

 

では?シトルリンの摂取量はどのくらい摂ったら良いのでしょう?
イグナロ博士の研究では
「1日200mg~1000mgのシトルリンを摂取すべし」。と発表しています。

 

シトルリンの他にアルギニンと一緒に摂ると良い成分は「抗酸化成分」です。
イグナロ博士は以下の成分を一緒にとる事を勧めています。

  1. ビタミンC
  2. ビタミンE
  3. 葉酸
  4. アルファリポ酸

③ アルギニンの副作用

アルギニンの副作用は主に2つです。
(1)中和されていないアルギニンを飲むと消化器官にダメージが起こります。
アルギニンは強いアルカリ性です。
クエン酸等で中和されていないアルギニンを飲むと胃など消化器官がダメージを受けてしまうという副作用が有ります。

 

主に「胃痛」「下痢」「おう吐」です。

 

アルギニンサプリには中和せてているものと中和されていない物が市場にあります。
その見分け方は?

 

アルギニンサプリにはカプセルタイプとパウダーのドリンクタイプが有ります。

アルギニンカプセルとパウダー

カプセルタイプは1日の摂取量が500mg以下に設定してあります。
カプセルの中のアルギニンは中和せれていません。
したがって、カプセルタイプのアルギニンを推奨摂取量以上に飲むとアルギニンの副作用が出ます。
胃の弱い人も注意してください。

 

一方、パウダーのドリンクタイプのアルギニンの多くはクエン酸等で中和されています。
したがって推奨摂取量もカプセルタイプのアルギニンに比べ2000mg~5000mgと多く飲めるようになっています。

 

私がパウダーのアルギニンドリンクのサプリをお勧めする理由

  • しっかり55000mgのアルギニンを摂取できる
  • クエン酸などでしっかりと中和されている

からです。

ちなみにドリンクタイプのアルギニンサプリではこのようにクエン酸で中和されている事が多いですが、このクエン酸も疲労回復の成分として有名ですよね。

 

2つ目のアルギニンの副作用はヘルペスウィルスを活性化してしまう事です。
一度でもヘルペスにかかったことのある人は体の中にヘルペスウィルスが潜んでいます。
ヘルペスは体内のアルギニンの量がリシンの量より増えた場合、活性化してヘルペスを発症してしまいます。
アルギニンもリシンも共にアミノ酸ですが体内のバランスを崩さない様にヘルペスウィルスを持っている人はヘルペス用のリシンのサプリを一緒に飲むことをお勧めします。

 

④ アルギニンサプリの効果的な飲み方、飲むタイミング

アルギニンにどのような効果を求めているかで飲み方や飲むタイミングが異なります。
(1) 身長を伸ばしたいお子さんは
夜寝る前がベストです。
成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されます。
寝る30分~1時間前に飲みましょう。

 

ただし、お子様へのサプリメントは、本当は薬剤師としてはお勧めしません。
確かに、しっかりクエン酸等で中和されているアルギニンなら副作用の心配はありませんが、基本的に子供の場合は普段の食生活や寝る時間帯の改善から始める事をお勧めします。

 

アルギニンを多く含む食材は、「大豆類」「肉類」「魚介類」です。

 

成長ホルモンの分泌を最大限にする為、寝る前に「スマホ」は厳禁。
10時前には寝るようにしましょう。

 

どうしてもアルギニンサプリを飲ませたい場合は3000mgから始めるのが良いでしょう。

 

(2) 朝の目覚めをすっきりしたい方は
やはり寝ている間の成長ホルモンの分泌が疲労回復のキーなので寝る30分~1時間前にアルギニンを飲むのがおすすめです。

 

(3) 筋トレを目的にする方は
トレーニングの1時間前にアルギニンをまず飲みます。
トレーニング中の体内のNO/一酸化窒素の分泌量を増やします。
NO/一酸化窒素により、血管が拡張し血流が良くなるので筋肉に酸素・栄養・ホルモンが送り込まれ、より大きなパンプを得ることが出来ます。
トレーニングが終わったらその直後でもOKですが、昼間疲弊した筋肉を修復するために寝る前にさらに5000mgのアルギニンを摂取するのがおすすめです。
したがって筋トレする方は1日1000mgのアルギニンを摂取する事になります。

 

私が飲んでいるアルギニンサプリはコレ

ドクターズチョイスのLアルギニン5000プラスという商品です。
詳細はこちら
ドクターズチョイス) L-アルギニン5000プラス

 

長所は

  1. アルギニンが5000mg摂取できる
  2. アルギニンの他シトルリンが200mg配合してある
  3. アルギニンの他ビタミンCなどイグナロ博士推奨の抗酸化成分が配合してある。
  4. ドリンクタイプのアルギニンなのでクエン酸で中和してある。

 

短所は

  1. シトルリンがもう少し多く配合されているとうれしい
  2. イグナロ博士の推奨成分の内アルファリポ酸が入っていない。(配合されていたら完璧。)
  3. 添加物を最小限にしてあるとはいうものの、パウダーが固まることがたびたびある。特に夏場。

 

今のところアルギニンサプリでお勧めできるブランドはドクターズチョイスのLアルギニン5000プラスが最高品質だと思います。

 

アルギニンをamazonで検索すると評価はやはり他のアルギニンサプリと比べ断トツの1位(5段階評価でほぼ満点)

ドクターズチョイス L-アルギニン5000プラス

 

価格は定期購入の一番安い買い方でも1日180円となかなかの値段です。

 

しかし、ドクターズのアルギニンを1g換算すると実は36円/g
Amazonで一番売れているアルギニンのカプセルタイプの1g換算は124円/g

 

サプリメントを選ぶ際は充分な効果を得るために必要な摂取量と1g当たりの単価で比較する事をおすすめします。

 

 

ドクタースチョイスのLアルギニン5000プラスの感想

結構薬剤師の業務は激務なんです。処方箋薬を間違えなくお客様に提示し、その説明をする事は当然ですが在庫管理、書類の作成と一連の業務は多岐に渡ります。なおかつ1日のほとんどは立ち仕事です。

 

1日の業務を終えて遅い夕食を取り12時前にはベッドに入るのですが、40歳を過ぎたあたりから翌日の朝、目が覚めても疲れが取れていないのを痛感し始めました。
確実に就寝中の成長ホルモンの分泌が悪くなっていると感じました。

 

そこで私はアルギニンサプリを飲むようになりました。
大学時代にイグナロ博士の論文を読んだことがあり、博士が考えている理想的なアルギニンサプリを探していたところ、ドクターズチョイスのLアルギニン5000プラスを見つけました。

 

ドクターズチョイスのLアルギニン5000プラスを飲み始めて5日後ぐらいから朝の目覚めが格段に違うのを感じています。