病院へ行く手間も不要!口唇ヘルペスには市販薬で対応可能!

*

病院へ行く手間も不要!口唇ヘルペスには市販薬で対応◎

口唇ヘルペスって、よく風邪をひいたときに口もとにぷちっとできてしまいますよね。
ヘルペスの特徴として、じんじん・ピリピリとした痛みが現れたあとに気付くと水ぶくれができている…ということが挙げられます。

ヘルペスは口もとを中心に、性器や腕などにもできることがあります。
その中でも最もポピュラーなヘルペスとして知られているのが「口唇ヘルペス」なんです。

口唇ヘルペスとは、読んで字のごとく唇や口周りにできるヘルペスのことを言います。

唇や唇のキワのあたりにぶつぶつっと小さな水ぶくれができてしまうのですが、これがとてもピリピリとした痛みを伴っていて、しかも痛みがしばらく続いてしまうのでとても辛いものなんです。

辛い 女性

この口唇ヘルペスですが、症状が現れるとたいていの人が皮膚科や内科へ行くと思います。
しかし、そこで軟膏や内服薬をもらっていったん症状が治ったとしても、実はヘルペスというのは何度でも再発してしまうものなんです。再発の頻度は人によって大きく異なりますが、月1回のペースで現れてしまうという人もいらっしゃいます。毎月のようにあのピリピリとした痛みに襲われ、しかも見た目もぷつぷつとした水ぶくれができてしまうと本当にまいってしまいます。

何度も何度も病院へ足を運ぶというのもお金がかかったり、時間もとられてしまいますよね。
そこで口唇ヘルペス対策として使いたいのが、口唇ヘルペスの市販薬です。

市販されている口唇ヘルペスの薬なら、医師の処方せんがなくても手に入れることができますよね。
薬局などで販売されている市販薬を使えば、何度も病院へ行く手間もありません。

 効果を実感!抗ヘルペスサプリメント「リシン+プラス」

口唇ヘルペスの市販薬というのは、意外にも種類が多いものなんです。

しかし、その効力は口コミを見てみてもバラつきがあるようです。
含まれている成分がそれぞれで微妙に違っていたり、効き目もやはり個人差があると言われています。

もちろん、こういった市販薬で口唇ヘルペスの症状が見事に治った!という方は良いかもしれませんが、そうではなく塗ってもまるで効果がないという方も少なくありません。

私を含めそういった方は他の市販薬をあれこれと試しながら口唇ヘルペスと戦っているのですが、なかなか「コレだ!」という市販薬には巡り合えません。やはり、症状が現れたときにいちいち皮膚科へ足を運ばなければならないのか?と思うのです。

しかし、そこで評判が良いとされているのが「リシン+プラス」という市販薬。
体の悩みやトラブルに対処するためのサプリメントやグッズを取り揃えている「ドクターズチョイス」というサイトで取り扱われているのが、リシン+プラス。このリシン+プラスは、抗ヘルペス薬として非常に多くの患者さんに支持されているサプリメントなんです。

 口唇ヘルペスの最強市販薬・リシン+プラス

リシン+プラスというのは、その名の通り「リシン(リジン)」が含まれているサプリメント。

リシンというのは必須アミノ酸の一種と言われていて、ヘルペスを起こしやすくなるアルギニンの働きを抑えてくれるという働きを持っています。

アルギニンも私たちの体を作るために欠かせないアミノ酸の種類なので、アルギニンを排除!というわけにはいきません。ですが、アルギニンよりもリシンの摂取量が多ければヘルペスの発症を抑えられると言われています。このリシン+プラスを服用することによって、体の中のアルギニン量よりリシン量を増やすことで、ヘルペスの発症をコントロールすることができるというわけなんですね。

サプリメント

私はこれまでにヘルペスに悩まされてきて、さまざまな市販薬を試してきました。
と言うのも、私はヘルペス以外にもアトピー性皮膚炎があるのですが、アトピー性皮膚炎の方がヘルペスを発症すると劇的に悪化してしまうということがあり、なんとか再発させないように食い止めてきました。ですから、いつヘルペスが再発してしまうか…とビクビクしながら生活していたので、効果の高い市販薬を探し求めていたのです。

リシン+プラスはヘルペスに効果があるとされているリシンをたっぷり含んでいるということや、これ以外にもリップクリームタイプや塗り薬、さらにパッチタイプなどさまざまなニーズに合わせた形で治療薬が登場しています。

私の場合には、普段リシン+プラスを服用し、外出するときには紫外線が口唇ヘルペスに良くないということからリップクリームタイプを使っています。そして、ヘルペスが再発する前兆であるあのピリピリ感が現れたときにはアブレバという塗り薬を併用し、発症を食い止めているのです。

通常はここまででもじゅうぶんな対策だと思いますが、前述にもあったように私のようにアトピー性皮膚炎の方がヘルペスを発症するととても重篤な症状となってしまいます。これはカポジ水痘様発疹症(すいとうようほっしんしょう)と呼ばれる症状なのですが、これを防ぐためにもさらに念には念を、パッチタイプの抗ヘルペス薬を所持しています。

今のところこのヘルペスパッチは使わずにいるのですが、やはりあると安心感がありますね。

このように、口唇ヘルペス対策として使われる市販薬の中でも、特に効果を実感できたのがリシン+プラスというもの。ヘルペスはもちろんなのですが、帯状疱疹も同じヘルペスウイルスが原因となっているので、帯状疱疹で悩んでいる…という人にとっても使える市販薬ではないでしょうか。

口唇ヘルペス市販薬関連ページ

カポジ水痘様発疹症
秋冬など、乾燥する季節になるとちょっと肌がかゆくなったり粉を吹いたり…誰でも肌の乾燥や肌荒れなど、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか? こういった肌荒れの多くは、先ほどのように乾燥しやすい季節によくあるものですよ […]
単純ヘルペス
ヘルペス、と一口には言っても、実はいろいろな種類があるって知っていますか? ヘルペスはヘルペスウイルスというウイルスのせいで発症してしまうものなんですが、それに加えて発症するヘルペスにも種類があります。たとえば、帯状疱疹 […]
口唇ヘルペス
男女問わず、顔の肌荒れには多くの人がよく悩まされるものですよね。肌荒れならば保湿剤や美容液などを使ってすぐに解消することができますが、そうも言っていられない症状があります。みなさんは「ヘルペス」という病気をご存知でしょう […]
性器ヘルペス
みなさんはヘルペスにかかったことがあるでしょうか? 口もとにぷくっと水ぶくれができて、ピリピリと痛むあのヘルペスです。 ヘルペスといえばこのように口もとにできるというイメージが強いと思いますが、実は体のあちこちにできてし […]