ヘルペスは一生治らない?でもヘルペスを抑える薬はあります

*

人から人へあっという間に感染・ヘルペスってどんな病気?

みなさんは「ヘルペス」って言うとどんなイメージがあるでしょうか?

ヘルペスといえば、口もとにできてしまうやっかいなあのヘルペスです。
まるでニキビのようにぷちぷちと口もとにできてしまうヘルペス、見た目も痛々しいですが、実際にかなりピリピリとした強い痛みを伴いますし、きれいに治るまでには時間もかかります。この口唇ヘルペスが一般的に知られているヘルペスだと思いますが、そのほかにも性器にヘルペスができたり、また帯状疱疹などもヘルペスが原因とされています。

悩む女性

そもそもなぜ私たちはヘルペスになってしまうのでしょうか?
…それは「ヘルペスウイルス」というウイルスに感染してしまうせいなのです。

ヘルペスウイルスというのは恐ろしいものではなく、実は誰でも感染する可能性がありますし、実際のところ誰でも体の中に持っているウイルスなのです。

ヘルペスウイルスは、一般的に小さな子どものときに誰でも感染するウイルスとして知られていました。お母さんやお父さんの唾液にウイルスがいると、キスや同じ箸を使ったときなどにうっかり感染してしまう…ということがよくあるのです。
そこでヘルペスウイルスに感染したとしてもなかなか症状が現れないことも多いために、自分がヘルペスウイルスに感染しているということを知らずに大きくなって、再発するということもよくあることなのです。

このように、ヘルペスウイルスは人から人へと簡単に感染してしまうウイルス。

先ほどのようにお父さん・お母さんから子どもへ、夫婦や恋人などパートナー間など、親密な関係でよくうつると言われています。ヘルペスを発症しているときに患部に触り、その手で他の場所を触ってウイルスを移してしまう…ということや、キスなどでも感染すると言われています。

ヘルペスウイルスの力自体はさほど強くありませんが、ヘルペスウイルスは感染力が強いので発症しているときに患部に触ったりすると、あっという間に感染してしまいます。

 感染すると一生居着く!?ヘルペスウイルスってこんなウイルス

このヘルペスウイルスですが、やっかいなところは一度感染すると一生私たちの体の中に居座ってしまうということです。

同じウイルスでもインフルエンザウイルスは予防することができたり、感染しても薬によって退治することができますよね。
しかし、ヘルペスウイルスは一度感染すると、体の外に追い出すことができないのです。

風邪や何かしらの細菌が体に入り込んできても、私たちの体には「免疫力」がありますから、感染せずに体の外へ追い出すということができます。

ですが、ヘルペスウイルスは排除することができないために感染するとずっと体の中に居続けてしまい、体が健康なときにはひっそりと身を隠し、風邪をひいたりストレスで体が弱ったりしたときを見計らって再発してくるのです。そのために、一生再発・治るを繰り返していくというのがヘルペスウイルスなのです。

ウィルス

ヘルペスウイルスは発症・再発すると、口もとや腕などに強い痛みを伴う発疹ができてしまいます。
人によっては月1回などかなりの頻度で繰り返していくこともありますから、とても辛いものになってしまいますよね。実際、私も何度も何度もヘルペスの再発を繰り返してきましたからその辛さや痛みがわかるのです。

ヘルペスウイルスを排除・完治することができないのであれば、できるだけ再発を食い止めるということがヘルペスウイルスと付き合っていく最も良い手段というわけですね。

 抗ヘルペス薬「リシン+プラス」でヘルペスの発症を食い止める!

では、ヘルペスが発症・再発してしまったときにどのような対処をすれば良いのでしょうか?

ヘルペスが再発したから皮膚科に行く…というのはもちろんなのですが、ヘルペスは再発する前に「ピリピリ」とした独特の痛みを感じます。まるで電気をじわじわと当てられているような痛みなので、再発する前に気付くと思います。

このピリピリとした痛みを感じたときに抗ヘルペス薬を素早く使うことで、発症を食い止めることができるのです。

抗ヘルペス薬として多くの方が服用しているのが、ドクターズチョイスの「リシン+プラス」というもの。

リシン+プラス

これは、ヘルペスの発症を抑えるのに有効なアミノ酸である「リジン」を含んだものです。リジンを積極的に摂取することで、ヘルペスの発症を抑えることができると言われているんです。実際に、私はピリピリとしたあの痛みに襲われるとすぐにリシン+プラスを服用して、ヘルペスが発症するのを抑えています。

リシン+プラスには、リジンだけでなく皮膚の回復を助けるという亜鉛や、ビタミンCなどの成分がたっぷり含まれているので即効性も高く、ヘルペスウイルスに感染している方にとっては嬉しい抗ヘルペス薬となっています。

また、リジンは多少多く摂取しても特に副作用などもないため、私はヘルペスが再発しそう…というあのピリピリとした痛みを感じたときに、一気に5000㎎くらい摂取しています。そして次の日からは数日間3000㎎くらいを摂取していますが、今のところはこの方法でウソのように発症せずにおさまっています。

ヘルペスはいざ発症してしまうと水ぶくれがかなり痛みますし、できる場所によっては食べたり喋ったりするのも辛いことも。跡が消えるまでにしばらくかかってしまうこともあって、やはりできるだけ再発させずに済むと嬉しいものです。

ですから、リシン+プラスのような抗ヘルペス薬を使って、うまくヘルペスをコントロールしていくことで一生ヘルペスとうまく付き合っていくことが可能なのです。

ヘルペスの対処法関連ページ

ヘルペス治療
病気になると、その症状や原因となっているものに合った薬を使って治療をしていきますよね。 たとえば、細菌性の風邪なら抗生物質、インフルエンザウイルスにはタミフルを使う…など、症状や原因となっているものに対して効力のあるもの […]
ヘルペス症状
私は、これまでずっとある「病気」に悩まされてきました。 これは誰もがかかってしまう可能性のある病気で、しかもこの病気に一度感染すると一生完治することがないと言われている恐ろしいものです。特に、私のようにアトピー性皮膚炎を […]
ヘルペス感染
多くの方が感染していると言われている「ヘルペス」。 ヘルペスというのは「ヘルペスウイルス」によって感染するもので、感染力が非常に強いと言われています。ウイルス自体は弱いため致命的な症状となることは通常ほとんどありません。 […]
ヘルペスウィルス
一度かかるとほぼずっと体の中から消えることがないというウイルス、知っていますか? 風邪の原因となる細菌や、インフルエンザウイルスなどはワクチンや薬である程度防ぐこと・退治することが可能になっています。そんな中、ずっと体の […]
ヘルペスとは
多くの方がかかったことのある「ヘルペス」、これってどんなものか知っていますか? ヘルペスって言うと、よく口もとなんかに水ぶくれのようなものができて、それがつぶれるととても痛い上に飛び火してしまうアレです。人によってはニキ […]