多くの人がかかったことのあるヘルペスってなに?原因は何?

*

誰でもかかるヘルペスってどんな症状?

多くの方がかかったことのある「ヘルペス」、これってどんなものか知っていますか?

ヘルペスって言うと、よく口もとなんかに水ぶくれのようなものができて、それがつぶれるととても痛い上に飛び火してしまうアレです。人によってはニキビのようなものだったり、口もとじゃなくて頬とか腕なんかにできることもあるようです。

このヘルペスというのは、実は誰でも感染してしまう可能性があるんだとか。

実際、私もヘルペスに感染してしまったせいで何度も悩まされてきました。
小さな水ぶくれではありますが、ひとたび現れてしまえばピリピリとした強い痛みに加え、口もとや唇にできてしまうために見た目も良いものではありません。口角にできたときには口を開けるだけでも痛むので、食事を摂るのも喋るのも一苦労です。

また、大人になってから初めて感染するとたくさんの水ぶくれができてしまったり、リンパ節の腫れや熱が出てしまったりと重症化することもあるそうです。
子どものときに感染していれば、発症しても抗体ができるために軽い症状で済むと言われています。それでもやはり痛みの強い水ぶくれができてしまったり、口もとに違和感があったり、私のように食事を摂るのも辛かったりと、さまざまな症状が現れます。

こんなとても辛いヘルペスですが、なぜできてしまうのでしょうか?

 ヘルペスにかかってしまう原因って?

そもそもヘルペスというのはウイルスが原因で起こってしまうもの。

「ヘルペスウイルス」によるもので、このウイルスのせいでなんと成人の約7割が感染していると言われているんです。

よく疲れが溜まったときとか、紫外線を長時間浴びたときとか、風邪をひいたり体調を崩してしまったというときにヘルペスができやすいと言いますよね。体の抵抗力が下がったときに、一度は治ったはずのヘルペスが何度でも復活してしまうのはよく聞く話です。

疲れた女性

ヘルペスウイルスはどうしてなかなか良くならないんでしょうか?

ヘルペスウイルスは、ウイルス自体の力というのはさほど強くありません。
しかし、ひとたび感染してしまうと自分の免疫力でウイルスをやっつけることができないので、いつまでも体の中に残ってしまいます。

普段健康なときには体の中に潜んでいるのですが、風邪をひいたり体調を崩すとウイルスの力によってヘルペスが復活してしまうというわけなんです。たった150ナノメートル(1ナノメートルは1ミリメートルの100万分の1)という小さな小さなウイルスが、あの痛々しい水ぶくれを作り出してしまうのですから、とても恐ろしいものです。

前述のとおり、ヘルペスウイルスに一度感染してしまうと自分の力では体の外にウイルスを追い出すことができないため、何度でも発症してしまいます。

そのたびにあのピリピリとした強い痛みに襲われると思うと、本当に辛いものです。
私だけでなく、多くの方があの痛みに悩まされているでしょう。

 ヘルペス発症にはウイルス以外にも原因がある?

ヘルペスウイルスが体の中で再び動き出してしまう原因としては、体の抵抗力・免疫力が下がってしまうことにあります。

風邪をひいたり体調を崩すというほかにも、ストレス、疲労、寝不足といったことも原因のひとつです。ヘルペスウイルスを抑え込んでおくためにも、体にとって不利な状況を作り出さないことがとても大事なんですね。

また、見落としがちな原因のひとつなんですが、アルギニンが多く含まれている食品を食べるとヘルペスを発症しやすいということもあります。

アルギニンと言うのはアミノ酸のひとつ。
体の中でも作ることができますが、傷を治すときや大きなストレスを受けるような状態のときにはアルギニンを摂取する必要があるので、条件付必須アミノ酸というふうに呼ばれているんです。このアルギニンは、ナッツ類や牛乳、大豆やエビなどいろいろな食べ物に多く含まれています。

ナッツ類

これらのアルギニンを含む食品を摂ると、ヘルペスを引き起こしやすいと言われていますので注意が必要です。

ただ、アルギニンを一切摂らない!というのはやはり難しいこと。
たくさんの食品に含まれているほか、アルギニンは摂取しなければならないアミノ酸だからです。

そして、アルギニンはなんと「成長ホルモン」を分泌させる効果があるとも言われています。成長ホルモンというのは寝ている間に分泌されるホルモンで、細胞分裂を促して骨や筋肉などを成長させる働きをもっています。

もうひとつ、成長ホルモンは体の中のカルシウム濃度をはじめ、体のさまざまな状態を一定にコントロールしてくれる働きももっています。ですから成長ホルモンがしっかりと分泌されていないと、朝起きたときに体がだるい…という状態になってしまうというわけ。

つまり、アルギニンを摂らないと疲れやすくなってしまったり、免疫力が下がったりするために結局ヘルペスを発症しやすくなってしまうんですね。

ヘルペスが発症してしまう原因としては、このようにただ単にウイルスに感染するだけで発症するのではなく、体の変化に合わせて症状が現れてしまうということなんです。ヘルペスの症状が現れているときには、体の抵抗力が落ちているとか疲れているとか、ウイルス以外にもなんらかの原因があるということを覚えておいてください。

ヘルペスとは関連ページ

ヘルペス治療
病気になると、その症状や原因となっているものに合った薬を使って治療をしていきますよね。 たとえば、細菌性の風邪なら抗生物質、インフルエンザウイルスにはタミフルを使う…など、症状や原因となっているものに対して効力のあるもの […]
ヘルペス症状
私は、これまでずっとある「病気」に悩まされてきました。 これは誰もがかかってしまう可能性のある病気で、しかもこの病気に一度感染すると一生完治することがないと言われている恐ろしいものです。特に、私のようにアトピー性皮膚炎を […]
ヘルペス感染
多くの方が感染していると言われている「ヘルペス」。 ヘルペスというのは「ヘルペスウイルス」によって感染するもので、感染力が非常に強いと言われています。ウイルス自体は弱いため致命的な症状となることは通常ほとんどありません。 […]
ヘルペスウィルス
一度かかるとほぼずっと体の中から消えることがないというウイルス、知っていますか? 風邪の原因となる細菌や、インフルエンザウイルスなどはワクチンや薬である程度防ぐこと・退治することが可能になっています。そんな中、ずっと体の […]
ヘルペスの対処法
みなさんは「ヘルペス」って言うとどんなイメージがあるでしょうか? ヘルペスといえば、口もとにできてしまうやっかいなあのヘルペスです。 まるでニキビのようにぷちぷちと口もとにできてしまうヘルペス、見た目も痛々しいですが、実 […]