いんきんたむし 薬

自宅でも出来るカンジタ治療

いんきんたむしの薬でおすすめできる市販薬

〜このページではいんきんたむしの治療に効果がある薬を紹介しています〜

いんきんたむしの薬をお探しの貴方!
いんきんたむしは市販薬で完治できないと思っていませんか?
答え:いんきんたむしは市販薬で完治できます。

これからアドバイスするポイントをしっかり理解すれば、いんきんたむしを長引かせず完治できます。
まずは、いんきんたむしの原因菌や症状を理解しておきましょう。


いんきんたむしの原因と症状

いんきんたむしの原因になる菌は、水虫と同じカビの一種である「白癬菌」で、いんきんのイメージの通り、女性より男性の方が罹患率が高い疾患です。

いんきんたむしとカンジタの違いがわからないという方がいますが、カンジタはカンジタ菌が原因です。原因菌も症状も違うため薬も違うことを理解しておきましょう。

いんきんが発症すると、股間の周辺(陰部、太ももの付け根、おしり)に強いかゆみが生じ、プツプツと小さい水ぶくれのような発疹ができます。

あまりにもかゆいので掻きむしってしまう人も多く、傷口ができて出血したり、悪化すると膿が出ることもあります。

繰り返しになりますが、いんきんたむしは水虫と同じ原因菌なので、ご自身が水虫の人、家族に水虫の人がいると感染しやすくなります。

また、性行為で感染することも多く、他には銭湯やプール、トイレなどで便器やタオルから感染することもよくあります。

注意しなくてはならないのは、いんきんたむしは自然治癒しないということです。

薬を塗布するなり病院を受診するなり治療を行わない限り、いんきんたむしは治りません。


いんきんたむしの治療に有効な市販薬は?

いんきんたむしの薬を選ぶときの注意点

いんきんたむしの原因は水虫と同じ「白癬菌」ですから、ラミシールなど水虫用の薬でもいんきんたむしに効果が期待できます。

でも、市販薬の多くは「一時的なかゆみ止め」で原因菌を殺菌することができません。白癬菌を殺菌できるものでないと効果が出ません。薬をきちんと選ばないと治療が長引いてしまいます。

病院に行くのが恥ずかしいので、陰部の悩みは市販薬でなんとかしたい。

でも水虫の薬を陰部につけるのはちょっと怖い…
そんな方のために、いんきんたむしに本当に効果がある市販薬をご紹介します。

↓自信を持っておすすめできる「いんきんたむし完治セット」↓
https://bandh-r.org/mi-lmpset-2j.html


いんきんたむしにおすすめの市販薬1

有効成分「塩酸テルビナフィン」が配合されているもの

▼商品例▼
>ラミシール
>ダマリングランデ
>キュータップ
>バリアクト
>フットラック

これらの商品に配合される有効成分「塩酸テルビナフィン」はアリルアミン系とよばれるタイプの抗真菌薬です。白癬菌に対しての殺菌作用が高く、水虫の治療でよく処方されています。
強い薬のため、1日1回使うだけで効果が1日持続します。

⚠注意点⚠
ただし、塩酸テルビナフィンには副作用があるため、使用の際には注意が必要です。
いんきんたむしを治療するつもりが症状が悪化したり、他の症状を引き起こす可能性があります。

【塩酸テルビナフィンの副作用】
胃部不快感、下痢、吐き気、腹痛、胃部膨満感、めまい、頭痛、食欲不振、味覚異常、乾癬様発疹、血清病様反応(じん麻疹、発熱、関節痛)、じん麻疹、紅斑、光線過敏性反応、顔面浮腫、リンパ節腫脹、多形紅斑、水疱性皮膚炎など


いんきんたむしにおすすめの市販薬2

有効成分「塩酸ブテナフィン」が配合されているもの

▼商品例▼
>ブテナロック
>パルグラン
>ラマストン

これらの商品に配合される有効成分「塩酸ブテナフィン」はベンジルアミン系の抗真菌薬で、「塩酸テルビナフィン」と同様に白癬菌に対する殺菌力が高いことで知られています。

こちらも、水虫の治療では、一般的に処方されるお薬になります。1日1回の使用で効果を発揮します。

⚠注意点⚠
ただし、塩酸ブテナフィンも同様に副作用があるため、使用の際には注意が必要です。
以下のような症状が出た場合はただちに使用を中止して、かかりつけの医師にご相談ください。

【塩酸ブテナフィンの副作用】
局所の発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、落屑、ただれ、水疱、亀裂など

【メモ】
「塩酸テルビナフィン」と「塩酸ブテナフィン」に共通することとして、両者とも陰のうや外陰部には使用できません。陰のうがかゆい場合は「陰のう湿疹」という別の病気の可能性がありますので、別の薬を使わなければなりません。


いんきんたむしにおすすめの市販薬3

有効成分「ティーツリーオイル」が配合されているもの

▼商品例▼
>ファンガクリーム
>ファンガソープEX

これらの商品に含まれる有効成分「ティーツリーオイル」はオーストラリアやニュージーランド、インドネシアなどの亜熱帯地域に生育している常緑植物で、爽やかな清涼感のある香りが特徴です。

特に、オーストラリアでは先住民のアボリジニが万能薬として愛用してきた植物で、ティーツリーオイルは1%未満の濃度に希釈した場合でも、白癬菌やカンジタ菌などの幅広い種類の細菌や真菌に対して強い殺菌力がみられ、その殺菌力は99.9%ということが証明されています。

この強い殺菌力がある一方で、植物由来で副作用もほとんどないことから「自然の抗真菌薬」として、民間療法で広く使用されています。

【メモ】
他の市販薬では掻きむしって傷口ができて部分に薬を塗るとしみて痛みを伴うこともあり使い続けるのが億劫になりますが、ファンガクリームとファンガソープEXは植物由来のため全くしみません。

陰のうにかゆみがあるといんきんたむしだと一般的に考えてしまいますが、いんきんたむしではなく陰のう湿疹のケースが多くあります。

陰のう湿疹であった場合、いんきんたむしの薬を使うと逆効果になることもあり注意しなくてはいけませんが、ファンガクリームとファンガソープは陰のうの湿疹にも安心して使用できます。
さらに、どちらにも保湿成分が入っているため使用後はしっとり肌が潤います。

特に、ファンガクリームは水分を一切含まないオイルタイプのクリーム(軟膏)です

市販薬のほとんどは水分を含んでいるクリームのため、白癬菌が繁殖しやすい環境を作りだしてしましますが、ファンガクリームは水分を一切含まないオイルタイプです。

そのため、白癬菌の繁殖を抑え、掻きむしって傷ついた部分にもしっかり密着して皮膚を守りながら傷を治します。

お風呂でファンガソープEXを使って患部を洗い、お風呂上がりは患部をしっかり乾かしてからファンガクリームを塗る。

これを日課にすれば、副作用の心配なく、いんきんたむしを完治できます。

水分を含まないオールナチュラル成分(天然成分)で副作用がない
いんきんたむし用ソープとクリームのセット

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いんきんたむし完治セット


ティーツリーオイル配合のドクターズチョイス いんきんたむし完治セットの特徴

♦いんきんたむしの菌の原因菌(白癬菌)を99.9%殺菌するティーツリーオイル配合の薬用せっけんとクリーム(軟膏)のセットです。

♦菌を繁殖させないオイルタイプで、掻きむしってできた傷にも密着して皮膚を守りながら傷を治します。

♦植物由来のため副作用の心配がなく、敏感肌の方やお子様も毎日安心してご使用いただけます。


いんきんたむしにおすすめの市販薬【結論】

いんきんたむしの薬は「副作用があってもすぐにかゆみが治まればいい」というわけではありません。

最も最善ないんきんたむしの薬は。。。
✔すぐにかゆみを鎮めて
✔根本原因をしっかり殺菌し、繁殖を防ぎ
✔患部にしみない
✔副作用がない
が条件ですよね。

それがまさに全部実現されたのが
ファンガクリームとファンガソープEXのセット
ドクターズチョイスのいんきんたむし完治セットです。

以下から商品の詳細が確認できます。

↓ドクターズチョイス いんきんたむし完治セットの詳細はコチラ↓
https://bandh-r.org/mi-lmpset-2j.html

カンジタでお悩みの方

↑ PAGE TOP