カンジタについてわかりやすく説明いたします

自宅でも出来るカンジタ治療

カンジタ膣炎にはサプリが有効

膣の中に薬を入れる事に抵抗のある方も多いはずです。
そんな方にはサプリメントが非常に有効です。

カンジタは免疫力が落ちた時に(寝不足、風邪、ストレス、過労等)に発症します。つまり免疫力が落ちた時、カンジタ菌の増殖をおさえるサプリメント早期治療する事が可能です。

以下の成分がカンジタに有効という事がさまざまな実験で立証されています。

オレガノ
オレガノはカンジタ菌の増殖の抑制に非常に効果がある事が立証されてます。

パウダルコ
天然の抗生物質とも言われるほど細菌の増殖を抑制します。

黒くるみ
免疫力をアップさせカンジタの発症を防止します。

カプリル酸
アメリカの医学博士ホワイト氏によりカプリル酸にはカンジタ膣炎を治す効果がある事が発見されました。

乳酸菌
乳酸菌を摂る事により膣内マイクロフローラ(善玉菌・悪 玉菌バランス)を正常な状態に戻し、カンジタ菌を抑えることができます。カンジタ菌をはじめとする悪玉菌は普段からどの女性の膣内にも存在していますが、 デーデルライン桿菌(主にラクトバチルス乳酸菌で構成される善玉菌の細菌群)が優勢であるうちは悪さができません。体調などの変化でデーデルライン桿菌が 減ってしまうとカンジタ菌が活発になり、カンジタ性膣炎を発症してしまいます。そのため、デーデルライン乳酸菌を構成するラクトバチルス乳酸菌を普段から 摂取するとカンジタの予防、早期治療に役立ちます。

詳しくカンジタと乳酸菌の関係へ。

これらの成分の入ったカンジタ専用のサプリメントは残念ながら現在日本では販売しているメーカーがありません。おそらくこれらの実験結果、テストの殆どがアメリカ発信と思われます。

アメリカではカンジタ用のサプリメントはさまざまな物が販売されています。代表的な商品は

カンジタクリアースーパー カンジタクリアスーパー 詳しくはこちらへ
●オレガノ、パウダルコ、黒クルミ、カプリル酸、ビオチン、
を配合したカンジタ用サプリ。
プラナロム オレガノ プラナロム社 オレガノ 詳しくはこちらへ
●オレガノオイルのカプセル
黒クルミ Dr.クラーク社 黒くるみエキス 詳しくはこちらへ
●黒クルミのエキス
フェミプロバイオ フェミプロバイオ 詳しくはこちらへ
膣内善玉菌であるデーデルライン桿菌を構成する2種のラクトバチルス乳酸菌
●ラクトバチルス・ラムノーサス菌(通称ラムノーサス菌)
●ラクトバチルス・Lロイテリ菌(通称Lロイテリ菌)
が1回摂取量にそれぞれ25億個配合された乳酸菌サプリ。フェミプロバイオで膣内のデーデルライン桿菌を増やすことでカンジタ菌が異常増殖するのを防ぐことができます。
*ドクターズチョイス社のカンジタクリアー等のサプリと一緒に摂取するとより効果的と言われています。

 

カンジダ市販薬で評価の高い商品を調べてみました

アマゾンで特に評価の高かったのが
ドクターズチョイスのカンジタクリアスーパー(女性用)
ファンガソープEX(男性用)
価格は直販店の方がアマゾンで購入するより安いですがレビューを確認したい方は、
こちらのアマゾンで読む事ができます。

カンジタでお悩みの方

↑ PAGE TOP