カンジタについてわかりやすく説明いたします

自宅でも出来るカンジタ治療

赤ちゃん・乳児のカンジタ

皮膚カンジタ症は、皮膚がカンジタ菌というカビに感染して皮膚が炎症を起こす病気です。

カンジタ菌自体は高温多湿を好み、人の口や皮膚の表面に常にいる菌です。

赤ちゃんは下痢やおむつでムレやすく、そこの皮膚が傷つくと、カンジタ菌による炎症を起こしやすすくなります。赤ちゃんや乳幼児に多い病気です。

最初は赤いブツブツが出る程度ですが、ひどくなってくると赤くなる部分と他の部分がくっきりわかれるようになります。

おむつかぶれとよく似ていますが、皮膚カンジタ症はおむつが当たっていないくびれやしわの中までできるので、見分けがつきます。

おむつはこまめに取り替え、入浴時には石鹸を使ってよく洗ってあげましょう。 ステロイド剤などを使用すると、かえってカンジタ菌が増えたりすることもあるので要注意です。

抗真菌剤の軟膏を塗れば、だいたい2週間ほどで治ります。 おむつかぶれがなかなか治らないときや、おむつかぶれと皮膚カンジタ症の区別がつきにくいときは、小児科や皮膚科を受診しましょう。

カンジダ市販薬で評価の高い商品を調べてみました

アマゾンで特に評価の高かったのが
ドクターズチョイスのカンジタクリアスーパー(女性用)
ファンガソープEX(男性用)
価格は直販店の方がアマゾンで購入するより安いですがレビューを確認したい方は、
こちらのアマゾンで読む事ができます。

カンジタでお悩みの方

↑ PAGE TOP