カンジタについてわかりやすく説明いたします

自宅でも出来るカンジタ治療

カンジタ膣炎(女性)の症状

おりもの異常を起こす病気の中で最もポピュラーな感染症は「カンジダ膣炎」です。カンジタ膣炎の主な症状は主に以下の5つ。

◎外陰部の激しいかゆみ
◎白いドロッとしたおりもの、あるいは塊状のおりものが出てくる(ヨーグルト、酒粕、豆腐くずなどによく似た状態)
◎膣口や陰唇などの外陰部が真っ赤に炎症する
◎性交時、痛みを伴う
◎排尿時、痛みを伴う

カンジタ膣炎は比較的何回も再発する病気なので2回目以降の方は「あっ、また発症してしまった」とわかると思います。 カンジタ膣炎の発症が初めての方は上記の症状が出た場合でも病院で診察してもらうことをお勧めします。

病院は婦人科・産婦人科・性病科です。(※HIVや梅毒、クラミジアはたいていの保健所で無料・匿名検査をやっていますが、カンジダ膣炎を扱っている保健所はあまりありません。)

カンジタの検査の手順はまず問診を受け、その後 パンツを脱いで診察台に上がり、膣分泌物を綿棒でこすり取って顕微鏡で調べたり、培養して調べます。

病院での治療は、膣内をよく洗浄し、カンジダ真菌を抑える「抗真菌薬」の膣剤を膣の中に入れる婦人科が多いようです。治療には「オキナゾール」(一般名は硝酸オキシコナゾール)などの腟錠が多くつかわれ、外陰のカンジダに対しては「ニゾラール」(一般名ケトナコザール)などの外用剤を併用します。腟錠は600mgの1回投与のものと100mgの7回投与のものがあります。オキナゾールはカンジダ菌の細胞膜に対する殺菌作用及び発育を阻止することにより、炎症やかゆみを抑えます。 通常、水虫やカンジダ症の治療に用いられます。

「感染症」と言っても、カンジタ膣炎は「性病」とは違い、性行為がなくても発症するのが特徴です。 カンジダ腟炎は膣内の常在菌である「カンジダ真菌」というカビが異常に増えることによって起きます。 自分のからだの中で、弱い雑菌が増えすぎてしまったということです。 性感染症とは原因が全く違いますので、「最近、おりものが変だな?」と思っても恥ずかしがる必要はありません。

自宅で検査する事も可能です。常在菌の異常増殖を原因とするカンジタ膣炎はより深刻な膣炎症である細菌性膣炎やトリコモナス症などと症状がよく似ているため、カンジタの治療を開始する前に検査をする必要があります。上記の様な「カンジタ膣炎かな?」と思われる症状が出た場合は、自宅でできるカンジタ検査キットのバジシルを使うと良いでしょう。バジシルは幅5mmほどのス ティックで、膣内のPHレベルを測る事が出来ます。膣内PHが4.5前後ならカンジタ膣炎、5.0以上なら細菌性膣炎やトリコモナス症である可能性があります。

自宅で治療する事も可能です。病院と同じ成分の市販薬を挿入して治す方法もありますが薬局で薬剤師さんの問診を受ける必要があります。また初めてカンジタにかかった方は購入することができません。以前病院でカンジタ治療を受けたことを証明する必要があります。もう一つの方法は乳酸菌とサプリメントによる治療です。この方法は副作用もなく安全で高い確率でカンジタを治す事ができるのでお勧めです。欧米ではほとんどの人がこの方法でカンジタ対策をしているようです。理論的にはいたって簡単で、増殖してしまったカンジタ菌を正常な量に戻すには善玉菌であるデーデルライン桿菌(主にラクトバチルス乳酸菌で構成される膣内細菌群)を増やせば良いのです。それと同時にカンジタ菌の増殖を抑えるサプリメントを併用すれば早い人で約1~2週間でカンジタの症状は無くなります。膣内環境を正常な状態に持っていくにはラクトバチルス乳酸菌を摂取し、膣内のデーデルライン桿菌を増やすのが有効です。膣内のカンジタ菌を殺すハーブはパウダルコという木の樹脂から取った成分。黒クルミ。オレガノオイルなどが有名です。日本ではカンジタを殺すこれらのハーブやカンジタ専用の乳酸菌は残念ながらまだ販売されていません。ラクトバチルス乳酸菌とパウダルコ、黒クルミのサプリメントのセットを販売している会社でビューティー&ヘルスリサーチ社という会社が有ります。日本人による経営の会社でドクターズチョイスと言うブランドのメーカーでもありお勧めです。

カンジダ市販薬で評価の高い商品を調べてみました

ドクターズチョイスというブランドのメーカーはカンジダに特化した商品を開発しています。
その商品の特徴を簡単にご説明します。
さらに詳しくい情報は下のメーカーサイトをご覧ください。

カンジタ対策の薬は女性と男性によって全く商品は異なります。

まず女性からご説明します

カンジタ菌は多くの人の膣内に存在しています。
カンジタの症状が出るのは膣内でカンジタ菌が異常発生した場合です。

ではどんな時、異常発生するのでしょうか?
キーワードは「デーデルライン桿菌(かんきん)」という乳酸菌です。

デーデルライン桿菌は膣内を健康に保ち、外から細菌が入ってきても繁殖させない働きをしてくれています。
ところが
抗生物質を飲んだり、寝不足で過労になるとこのデーデルライン桿菌が減少してしてしまいます。
すると
膣内のカンジタ菌が大繁殖し、カンジタ性膣炎を発症してしまいます。

膣内の異常発生したカンジタ菌を殺すサプリとして高い評価を得ているのが
ドクターズチョイスのカンジタクリアスーパー

カンジタ菌を殺すハーブを配合したサプリメントで体に優しく、副作用も無く確実にカンジタを駆除してくれます。

ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー
https://bandh-r.org/su-dc-cndd-s.html

膣内のデーデルライン桿菌を補充するサプリメントが
ドクターズチョイスのフェミプロバイオ

ドクターズチョイス フェミプロバイオ
https://bandh-r.org/su-dc-fmpb.html

少しでも早くカンジタ膣炎の悩みから解放されたい人は2つのサプリを併用する事がお勧めです。

カンジタを繰り返す人、その他の膣炎や異常なオリモノ、臭いが強い方はデーデルライン桿菌が不足しがちとなっています。
その様な方は、日ごろからフェミプロバイオを摂取しておくと良いでしょう。
特に風邪などひいた時、お医者さんから抗生物質を処方された後はカンジタ膣炎を発症しやすいので多めにフェミプロバイオを飲むと良いです。
乳酸菌なので妊娠している女性でも摂取可能です。

この2商品のレビューは
https://goo.gl/Z8GWb6

次に男性のカンジタについてご説明します

カンジタ男性と思わるる方は、
ファンガクリームとファンガソープEXを併用する事をお勧めします。

それには理由があります。

カンジタ男性とは正式にはカンジタ性亀頭包皮炎と言います。
ところがほぼ同じ症状でカンジタ菌ではなく細菌が原因の亀頭包皮炎があります。
それが細菌性亀頭包皮炎です。

皮膚科の専門医に行って診てもらってもどちらの亀頭包皮炎かなかなか専門医でも判別できません。

とても厄介です。

カンジタ性亀頭包皮炎と診断され、抗真菌薬を塗っても治らない。
そこで初めて細菌性亀頭包皮炎と判り、薬が別のもの(多くはステロイド系や抗生物質)に変わります。
ところがまた治らない場合があります。

その理由は
カンジタ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎を併発しているからです。

今回、我々がピックアップしたファンガクリームとファンガソープEXは、
カンジタ菌も細菌も殺す効果が有るティーツリーオイルを配合しています。

なので
カンジタ性亀頭包皮炎も
細菌性亀頭包皮炎も治してくれます。

商品に関する詳しい情報は以下のメーカーサイトをご覧ください

カンジタでお悩みの方

↑ PAGE TOP