カンジタについてわかりやすく説明いたします

自宅でも出来るカンジタ治療

カンジタ膣炎・自宅で検査

① 検査キットをインターネットで購入して菌を採取した物を返送。約1週間後インターネットで結果をチェック出来ます。

性病検査STDチェッカータイプQ(女性用)9,450円

この商品はクラミジア、淋病、トリコモナス、カンジタも同時にチェックできます。

② 自宅でチェックできる唾液を使った方法もありますが、この方法の正確度は完璧ではありません。一つの判断基準としてやってみて下さい。コチラ

カンジダ市販薬で評価の高い商品を調べてみました

ドクターズチョイスというブランドのメーカーはカンジダに特化した商品を開発しています。
その商品の特徴を簡単にご説明します。
さらに詳しくい情報は下のメーカーサイトをご覧ください。

カンジタ対策の薬は女性と男性によって全く商品は異なります。

まず女性からご説明します

カンジタ菌は多くの人の膣内に存在しています。
カンジタの症状が出るのは膣内でカンジタ菌が異常発生した場合です。

ではどんな時、異常発生するのでしょうか?
キーワードは「デーデルライン桿菌(かんきん)」という乳酸菌です。

デーデルライン桿菌は膣内を健康に保ち、外から細菌が入ってきても繁殖させない働きをしてくれています。
ところが
抗生物質を飲んだり、寝不足で過労になるとこのデーデルライン桿菌が減少してしてしまいます。
すると
膣内のカンジタ菌が大繁殖し、カンジタ性膣炎を発症してしまいます。

膣内の異常発生したカンジタ菌を殺すサプリとして高い評価を得ているのが
ドクターズチョイスのカンジタクリアスーパー

カンジタ菌を殺すハーブを配合したサプリメントで体に優しく、副作用も無く確実にカンジタを駆除してくれます。

ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー
https://bandh-r.org/su-dc-cndd-s.html

膣内のデーデルライン桿菌を補充するサプリメントが
ドクターズチョイスのフェミプロバイオ

ドクターズチョイス フェミプロバイオ
https://bandh-r.org/su-dc-fmpb.html

少しでも早くカンジタ膣炎の悩みから解放されたい人は2つのサプリを併用する事がお勧めです。

カンジタを繰り返す人、その他の膣炎や異常なオリモノ、臭いが強い方はデーデルライン桿菌が不足しがちとなっています。
その様な方は、日ごろからフェミプロバイオを摂取しておくと良いでしょう。
特に風邪などひいた時、お医者さんから抗生物質を処方された後はカンジタ膣炎を発症しやすいので多めにフェミプロバイオを飲むと良いです。
乳酸菌なので妊娠している女性でも摂取可能です。

この2商品のレビューは
https://goo.gl/Z8GWb6

次に男性のカンジタについてご説明します

カンジタ男性と思わるる方は、
ファンガクリームとファンガソープEXを併用する事をお勧めします。

それには理由があります。

カンジタ男性とは正式にはカンジタ性亀頭包皮炎と言います。
ところがほぼ同じ症状でカンジタ菌ではなく細菌が原因の亀頭包皮炎があります。
それが細菌性亀頭包皮炎です。

皮膚科の専門医に行って診てもらってもどちらの亀頭包皮炎かなかなか専門医でも判別できません。

とても厄介です。

カンジタ性亀頭包皮炎と診断され、抗真菌薬を塗っても治らない。
そこで初めて細菌性亀頭包皮炎と判り、薬が別のもの(多くはステロイド系や抗生物質)に変わります。
ところがまた治らない場合があります。

その理由は
カンジタ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎を併発しているからです。

今回、我々がピックアップしたファンガクリームとファンガソープEXは、
カンジタ菌も細菌も殺す効果が有るティーツリーオイルを配合しています。

なので
カンジタ性亀頭包皮炎も
細菌性亀頭包皮炎も治してくれます。

商品に関する詳しい情報は以下のメーカーサイトをご覧ください

カンジタでお悩みの方

↑ PAGE TOP